e17d3127304c1ddde48120c574b29f39_m

ETC発行におすすめのクレジットカード

■ETCを発行したいクレジットカード・JCB EIT

JCBカードのプロパークレジットカードでは、JCB EITでETCカードを発行するのがおすすめです。
JCB EITは年会費無料。
ETCカードの年会費や発行手数料も無料です。

・ポイントサービス
1,000円に2ポイントがたまります。
1ポイントは約5円相当なので、ポイント還元率は1.0%です。
JCBカードのプロパークレジットカードに比べると、ポイントは2倍になります。
ETCカードの利用でもポイント2倍なので、還元率は1.0%。
JCBカードのプロパークレジットカードの中では、ETCカードの利用では一番ポイントを貯めやすいと言えます。

・海外旅行保険
JCB EITには最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯します。
自動付帯なので、クレジットカード会員になっているだけで保障の対象となります。
年会費無料クレジットカードでここまで補償金額が高く、しかも自動付帯というのは特筆すべき点でしょう。
疾病補償、傷害補償、携行品損害、救援者費用も、100万円の補償がされます。
海外に行くときには持っていると安心できるクレジットカードです。

・ショッピング保険
JCB EITは年会費無料ですが、ショッピング保険も付帯しています。
年間最高100万円までの補償となり、免責は国内3,000円、海外10,000円。
ショッピングが好きな方にもおすすめです。

・クレジットカードデザイン
6種類の中から、好きなデザインを選択できるクレジットカードです。
シンプルですが他のクレジットカードとは差を付けられるデザインとなっており、つい使いたくなるようなクレジットカードかもしれません。
デザインのうち3つは、QUICPayを搭載することも可能です。
QUICPayがあることにより、少額の支払いもしやすくなるでしょう。
ただETCカードは、デザインを選ぶことはできません。
JCBカードのETCカード一択となってしまいます。
ETCカードの好きなデザインを選べるようになったら、もっと楽しくなりそうなのですが…。

・リボ払い専用
JCB EITの支払い方法はリボ払いのみとなります。
ETCカードの利用分も、請求時にはリボとなっています。
計画的に使う必要があるでしょう。
初回はリボ手数料が無料となっているので、なるべく全額を初回で支払ってしまうのがおすすめです。
初回全額支払いを使っていれば、リボ専用クレジットカードですがリボ手数料を支払わずにすみます。
上手に使うことで、お得度が高くなるクレジットカードと言えるでしょう。

■ETCを発行したいクレジットカード・楽天カード

顧客満足度連続ナンバーワンを獲得しているクレジットカードが、楽天カードです。
楽天カードは年会費無料。
ETCカードは発行手数料無料ですが、条件をクリアするとETCカードも年会費無料にすることができます。

・ポイントサービス
100円の利用ごとに1ポイントの付与となります。
1ポイントは1円相当となりますので、還元率は1.0%です。
ポイントは楽天市場などの楽天サービスだけでなく、街中の楽天スーパーポイント加盟店での支払いにも使用できます。
ETCカードの利用でも、100円に1ポイントが獲得できます。

・楽天市場でのポイント
以前は楽天市場ではポイント2倍でしたが、現在は4倍にアップしています。
黙ってても4.0%のポイントを獲得できますので、非常にポイントをためやすいクレジットカードです。

・海外旅行保険
楽天カードはポイントがたまりやすいことだけに注目されがちなクレジットカードなのですが、実は海外旅行保険が付帯しています。
最高2,000万円の補償となり、各最高200万円の疾病治療、傷害治療費の補償も付帯しています。
利用付帯となるので旅行代金を楽天カードで支払わなければ補償はされませんが、しっかりとした旅行保険が付帯するクレジットカードなのです。

・ETCカードの年会費
ETCカードの年会費は、500円(税別)となります。
楽天カード自体は年会費無料なのですが、ETCカードは年会費がかかるので注意してください。
ただ楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード、楽天ブラックカードでのETCカード発行は、年会費無料となります。
また楽天ポイントクラブの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員になると、翌年度のETCカードの年会費が無料となります。
会員クラスが上位だと初年度の年会費も無料となるので、実質年会費無料でETCカードを発行することが可能。
楽天上位会員にとっては、ETCカードをお得に発行できるクレジットカードということになります。

・楽天カードの評判
あまり良い評判がないと言われることもあるクレジットカードのようです。
サポートが良くない、メルマガが多すぎる、期間限定ポイントが多すぎる…などのデメリットがあるとされていますが、実際に使ってみるとポイントがたまりすく大きな不都合はないクレジットカードと思えます。
楽天ポイントクラブのプラチナ・ダイヤモンド会員を目指して、ETCカードをお得に発行して欲しいです。

■ETCを発行したいクレジットカード・エブリプラス

クレジットカードと言えば、三井住友VISAカードという方も多いのではないでしょうか。
三井住友VISAカードでETCカードを発行するなら、年会費無料の三井住友VISAエブリプラスがおすすめです。
ETCカードは発行手数料無料ですが、年会費は500円(税別)が必要です。
しかし簡単な条件をみたすことで、ETCカードの年会費を無料にすることも可能です。

・ポイントサービス
三井住友VISAカードは1,000円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%です(1ポイントは約5円相当)。
しかしエブリプラスはリボ請求がある月は、ポイント3倍になります。
還元率は1.5%なので、ポイントをためやすいクレジットカードなのです。
ETCカードの利用分も、ポイント3倍。
三井住友VISAカードの中でここまでETCカード利用で、ポイントを貯められるクレジットカードはないと思われます。
有料道路の走行でも、ポイントを貯めやすいと言えるでしょう。

・ETCカードの年会費
ETCカードの年会費は初年度は年会費無料ですが、翌年度より500円(税別)となります。
しかし年に1度でもETCカードの利用があれば、翌年度の年会費が無料になります。
年に1度であれば、ドライバーならすぐにクリアできる条件でしょう。
エブリプラスは実質年会費無料で、ETCカードを使えるクレジットカードなのです。
ETCカードを全く使う機会がない…という場合は無駄に年会費を支払うことになりますのでおすすめはできませんが、日常的にETCカードを使っているならおすすめです。

こういった条件をつけるのは、少しでもETCカードを使って欲しいという狙いがあるようです。
クレジットカード会社にとって、ETCカードはコストゼロで発行できるわけではありません。
人件費もかかりますし、郵送費もかかります。
それなのに全く使ってくれないとなると利益を上げられませんので、年に1度くらいは使ってくれるように年会費を設定しているのでしょう。

・キャッシング
エブリプラスはキャッシングを付帯させられますが、金利が17.0%と他のクレジットカードより低い金利となっています。
さらに返済状況によって、金利を13.0%にまで引き下げることが可能です。
銀行カードローンよりも低い金利でキャッシングできる可能性もあります。
ショッピングだけでなくキャッシングもしたいのであれば、おすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

■ETCを発行したいクレジットカード・出光カード

ドライバーに人気のガソリンカードが、出光カードまいどプラスです。
ガソリンカードは年会費有料のものが多いのですが、出光カードまいどプラスは年会費無料。
ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。
ガソリン給油専用として発行されることが多いですが、ETCカードの発行におすすめのクレジットカードでしょう。

・ポイントサービス
1,000円ごとに5ポイントがたまります。
1ポイントは1円相当なので、還元率は0.5%です。
ETCカードの利用でも、0.5%のポイントがたまります。

・割引サービス
出光まいどカードプラスは、2つの割引サービスがあります。
まずは出光でガソリン代が割引になるサービスです。
1リットルあたりガソリン経由は2円引き、灯油は1円引きになります。
1リットル当たり1円でも安いとありがたいものです。
出光での給油量が多ければ多いほど、ガソリン代を節約することができるでしょう。
また入会から1か月間はガソリン・軽油は1リットルあたり5円引き、灯油は3円引きとなります。
このサービス目当てに、このクレジットカードを選ぶという人が多いようです。

もう一つが西友、リヴィン、サニーなどでの5%割引です。
毎月5日と20日は、請求時に5%オフになります。
出光カードまいどプラスは、クレディセゾンと出光が提携しているクレジットカード。
セゾンカードのマークが入っているので、セゾン系スーパーでの割引もあるのです。

・ロードサービス
ドライバーにとってあると安心なのがロードサービスではないでしょうか。
出光カードまいどプラスはドライバー向けのクレジットカードということで、ロードサビスを付帯させることができます。
不意のガス欠やバッテリー上がりなどにも対応してもらえ、安心したカーライフを送ることができます。
ロードサービスには別途年会費が必要になりますが、JAFに加入するより安上がりでなのでおすすめです。

・発行期間
クレジットカードは申込みから最短3営業日で発行となります。
出光カードまいどプラスはスピード発行の部類になりますので、早くクレジットカードが必要なときにおすすめです。
ETCカードはオンラインや電話で申込みをすると、約1週間程度での発行となるようです。
郵送の場合は申込書類が受け付けられてから、10日~2週間程度での発行になります。
急がない場合はどの申込方法でも良いですが、少しでも早くETCカードが欲しい場合はオンラインか電話での申込が良いでしょう。

■ETCを発行したいクレジットカード・REXカード

ポイントがたまりやすいクレジットカードは、ETC利用でもポイントをためやすくなります。
ポイント還元率が高いクレジットカードでETCカードを発行するなら、REXカードがおすすめです。
REXカードのETCカードはジャックスカードからの発行となり、発行手数料、年会費無料。
クレジットカードは年会費有料なので本来はETCカード発行におすすめではないのですが、条件をクリアすれば年会費無料にすることができます。

・ポイントサービス
2,000円で30ポイントがたまります。
1ポイントは1円相当になるので、還元率は1.5%。
クレジットカードの還元率では最高水準となり、ポイントを貯めやすいです。
ETCカードの利用分も、1.5%のポイントを獲得できます。
0.5%のクレジットカードに比べると、3倍のスピードでポイントを貯めることができることになります。
リボ払いに指定すると還元率が1.75%に上がりますが、ETCカードの利用分は支払い方法を指定できず一回払いとなりますので、還元率は1.5%と思っておいて良いでしょう。
たまったポイントはJデポに交換して、クレジットカードの請求金額を値引きさせることが可能。
ETCカードの利用分を値引きしてもらえば、タダで有料道路を走行できたことになりますね。

・年会費
REXカードの年会費は、初年度無料、翌年度より2,500円(税別)です。
年会費無料クレジットカードに比べると、高いと感じてしまう金額かもしれません。
しかし年間50万円以上利用をすれば、翌年度の年会費を無料にすることができます。
入会初年度から50万円以上利用し続ければ、年会費無料クレジットカードとして使えるのです。
毎月5万円くらいはクレジットカードを使うのであれば、REXカードをお得に使えるのでおすすめでしょう。
年間利用金額には、ETCカードの利用分も含まれます。
ETCカードの利用分が多くなれば、年間50万円のクリアもしやすいと思われます。
ちなみ年間50万円以上の利用になれば、家族カードの年会費も無料です。
家族にクレジットカードを発行しちあ場合にもおすすめです。

・保険
REXカードは旅行保険かショッピング保険を付帯させることができます。
旅行保険は最高2,000万円の海外旅行保険、最高1,000万円の国内旅行保険となり、海外旅行保険は自動付帯となります。
ショッピング保険は100万円で、免責3,000円となります。
入会時にどちらかを選択しましょう。