948e8a198b9f80cbd0f9d4714e05f814_m

年会費無料クレジットカードでETC発行!

■ETC発行手数料無料クレジットカードがおすすめ

ETCカードにかかるコストは、年会費だけではありません。
発行時に手数料が必要になってしまうETCカードもあります。
クレジットカードは発行手数料がかかるケースはほとんどなく、発行時のコストを気にする必要はありません。
しかしETCカードは、発行時の手数料を確認するのもおすすめです。

・発行手数料の金額
ETCカードの発行手数料は500円~1,000円程度となることが多いです。
1,000円とするクレジットカードが多いですね。
三菱UFJニコスや、P-oneカードなどが、発行手数料1,000円必要となっています。

・発行手数料が有料だと
発行手数料が有料のために、せっかくお得なクレジットカードでもETCカードの発行はおすすめではなくなってしまうケースもあります。
たとえばVIASOカード。
VIASOカードは年会費無料で、人気が高いクレジットカードです。
基本のポイント還元率は0.5%ですが、VIASO eショップを経由してネットショッピングをするとポイント倍率が上がりお得です。
そしてETCカードの利用時は、ポイントが2倍となり還元率1.0%です。
ETCカードを利用するほどお得なクレジットカードなのですが、発行手数料1,000円が必要になってしまうのです。
クレジットカードもETCカードも年会費無料なのに、発行手数料のせいでおすすめではなくなりなんとも残念です…。

・同じクレジットカードでも発行手数料の有無が異なることがある
リクルートカードは年会費無料でポイント還元率1.2%と高いことから、人気が高いクレジットカードです。
リクルートカードのETCカードは、国際ブランドによりETCカードの発行手数料は異なります。
JCBブランドは無料なのですが、VISAは1,000円の発行手数料が必要になってしまうのです。
これは国際ブランドにより、提携先のクレジットカードが異なっているためです。
VISAブランドは三菱UFJニコス、JCBはJCBカードのETCカードが発行されます。
そのため発行手数料に、違いがあるんですね。
同じクレジットカードなのに不思議な感じはありますが、リクルートカードでETCカードを発行するならJCBブランドがおすすめとなるでしょう。
ちなみにETCカードの年会費は、どちらも無料です。

ETCカードには有効期限の更新時に、手数料が必要になる場合もあるようです。
数は少ないようなのですが、これもおすすめとは言えません。

■ETCでポイント高還元のクレジットカードがおすすめ

ETCカードの利用分は、発行したクレジットカードの利用分に加算されます。
ポイント還元率が高いクレジットカードなら、ETCカードの利用で多くのポイントを獲得できます。
なのでETCカードを発行するときは、還元率が高いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

ただクレジットカードにより、ETCカードでのポイント付与条件が違ってきます。
ポイント還元率が高いクレジットカードでも、ポイントを全然獲得できない!なんてことも起こるので注意してください。

おすすめなのはETCカードで、満額のポイントが付与されるクレジットカードです。
還元率1.0%だったら、ETC利用でも1.0%のポイントを獲得できるものです。
還元率が高いクレジットカードを選べば、ETCカードでどんどんポイントをためることができるでしょう。

そしてETCカード利用時は、ポイント2倍など付与率が上がるクレジットカードもおすすめです。
通常は0.5%の還元率でも、ETCカード利用時は1.0%になれば、ポイントがよりたまりお得です。
ETCカードの利用が特に多い人には、おすすめのクレジットカードでしょう。

おすすめ度が低くなってしまうのが、ETCカードのポイント付与率が下がってしまうクレジットカードです。
通常の還元率は0.5%でも、ETCカード利用時は0.25%になってしまう…なんていうクレジットカードもあるのです

全くおすすめしないのは、ETCカードの利用はポイント付与対象外となるクレジットカードです。
ETCカードを使ってもまったくポイントが付与されなければ、現金で支払っているのと同じになってしまいます。
ETCレーンを通ることによる割引がは受けられますが、お得なのはこれだけとなってしまうでしょう。
ETCカードを発行するなら、少しでもポイントが獲得できる方がお得です。
このようなクレジットカードは、近年ではそれほど多くはないようです。
しかし全くないわけではないので、確認するのがおすすめです。

クレジットカードのサイトに行くと、ポイントの付与条件が記載してあるかと思います。
ここにETCカード利用分についての注意書きがないか、注意してみるのがおすすめです。
小さい字で書かれているので見落とすことも多いのですが、読まずに発行してしまったらETCカードでポイントを獲得できない!なんてことになってしまうこともあります。
面倒だなと思っても、注意書きは重要ですので必ずチェックするのがおすすめです。

■クレジットカード一体型と分離型おすすめのETCは

ETCカードはクレジットカードで追加発行するものと、クレジットカードと一体になったものの2種類があります。
それぞれにメリットやデメリットがあります。

・クレジットカードと一体型のETCカード

メリット
財布に入れるカードの枚数を減らすことができます。
クレジットカードだけでなくポイントカードなども多く、どうしても財布の中はカードだらけになりがちです。
お金は入っていないけれど、カードならたくさん入っている!という人も多いのではないでしょうか。
少しでも財布を軽くしたいのであれば、クレジットカード一体型のETCカードがおすすめです。

デメリット
盗難に遭った時に、被害が大きくなる可能性があります。
車から離れるときは、ETCカードを車載器から外し持ち歩くのが基本です。
しかし面倒くさいからと、車載器に刺しっぱなしにしたり、車内に放置してしまうケースも多いです。
これは車上荒らしの格好の獲物となり、盗難に遭いやすくなってしまいます。
盗難された場合ETCだけでなくクレジットカードを不正使用されてしまう可能性がありますから、不安な方には一体型クレジットカードはおすすめしません。

・クレジットカード分離型のETCカード

メリット
ETCカードの盗難に遭ったさいに、被害額を抑えられるメリットがあります。
ETCカードを盗難されても、使えるのはETCの料金支払いのみです。
使われる金額は知れているでしょう。
盗難時のことを考えると、分離型ETCカードの方が安心でおすすです。
ETCカードをどうしても車内に置き忘れてしまう…なんて人は、分離型ETCカードの方が向いているでしょう。

デメリット
クレジットカードとETCカードが別々に発行されますので、所有するカードの枚数が多くなってしまいます。
財布やカード入れが、かさばってしまうのがデメリットでしょう。
カードの枚数を少なくしたいのであれば、分離型より一体型のETCカードの方がおすすめとなります。

どちらのETCカードがおすすめかは、持つ人により変わります。
自分がメリットと思う方を、選択するのがおすすめでしょう。
ただ多くの人が選んでいるのは、分離型のETCカードです。
一体型ETCカードは発行枚数が少なく、ほとんどが好きなクレジットカードで追加発行をする分離型のETCカードとなります。
なのでどうしても分離型ETCカードが多くなってしまうのです。
みんなが選んでいるETCカードが良いというなら、分離型がおすすめとなるでしょう。

■ETCの発行期間が短いクレジットカードがおすすめ

ETCカードを使う時期が決まっているなら、発行期間に注目するのがおすすめです。
1週間後に使いたいのに、発行まで2週間以上かかるETCカードに申込みをしてしまったら、確実に使いたいときに使うことができません。
なるべく早くETCカードを使いたいのであれば、発行期間が短いものを選びましょう。

・とにかく急いでいる場合
明日までETCカードが必要など切羽詰まっている場合は、即日発行のETCカードがおすすめです。
セゾンカードを発行しているクレディセゾンのETCカードは、日本で唯一即日発行が可能となっています。
店舗にあるセゾンカウンターで申込み、発行、受取をすれば、即日発行が可能なのです。
セゾンカードは即日発行できるクレジットカードもありますので、クレジットカードを即日発行しETCカードも即日発行するということもできます。

・1週間くらい猶予がある場合
スピード発行のETCカードを選ぶのがおすすめです。
最短翌営業日~最短3営業日程度で発行される、ETCカードが良いでしょう。
これなら申込から、1週間もあれば受け取れる可能性が高いです。
ただ発行や郵送作業が行われるのは、クレジットカード会社の営業日のみとなります。
土日祝日などクレジットカードの休日にかかってしまうと、発行が遅くなってしまいますので注意をしましょう。
たとえばイオンカードのETCカードは最短翌営業日発行となりますが、申し込んだ曜日により発送までにかかる期間が異なります。
月曜の13時までに申込をすれば翌日の火曜日に発送となりますが、金曜の18時に申込みをすると発送は翌週の火曜日となってしまいます。
申込をする曜日にも注意するのがおすすめです。

・今すぐETCカードが必要ではない場合
発行期間が長いETCカードでも、おすすめとなります。
クレジットカード会社によってはETCカードの発行に3週間~4週間程度かかってしまうことがありますが、すぐに使わないのであれば問題はないでしょう。
申込んだの忘れていた頃に、ETCカードが届くかもしませんね。

クレジットカードの新規発行時に同時申込をした場合は、クレジットカードとETCカードが別々に発送されることが多いようです。
先にETCカードが届き、のちにクレジットカードが届く(逆のパターンもアリ)…といった感じです。
ETCの利用ができるようになるのは、ETCカードとクレジットカードの両方が揃ってからとなります。

■ETC/JCBカード(ETCカード)の年会費

ETCカードを利用しようと思った時に気になってしまうのが年会費の存在です。一昔前までは、ETCカードの年会費はかからない、という印象があったと思います。しかし、その状況も最近では大きく変化してきています。年会費が有料のETCカードも増えてきてしまいました。なるべく経費は抑えたい、というかたも多いのではありませんか。そういった時は、なるべく年会費無料のETCカードを選択すべきです。

今回はETC/JCBカード(ETCカード)の年会費はかかるのか、それともかからないのか、ということを明らかにします。

■イオン専用ETCカードって年会費はかかるの?

イオンカードを利用している、というかたも多いのではありませんか、イオンでの買い物がお得になるなど、魅力的な特典がたくさんあります。また、年会費的にも優遇されているイメージですよね。そんなイオンカードですが、実はイオン専用ETCカードと呼ばれているものがあるのです。自動車ユーザーで、高速道路に乗る機会が多い、という方には特に注目してほしいサービスです。

今回はイオン専用ETCカードと年会費の関係性に迫ります。年会費はかかるのでしょうか?それともかからないのでしょうか?

・年会費はかからない!
・発行手数料もかからない!!

最近では、ETCカードの年会費がかかってくるケースが増えています。以前は年会費がかからない事が多かったのですが、カード会社の経費の問題もあって年会費がかかるようなことが多くなっており、非常に残念な思いをしている方も多いんです。そんな方におすすめしたいのがイオンの専用ETCカード。

年会費がかからない、といったメリットがあります。初年度だけではなく、2年目意向も年会費がかかってこないので、仮にカードを利用しなかったとしても大きな問題はありません。さらに発行手数料もかからない、といったデメリットもあります。発行した時に1,000円や2,000円を摂られるのも嫌ですよね。そんな心配をしなくてもよいのが、イオン専用ETCカードです。