d4002fd24abfa4acc2dcc74d2b706145_m

ETCカードを発行できる年会費無料のカード

■ETCカードの発行は年会費無料クレジットカードで!

ETCカードを発行するなら、年会費無料クレジットカードがおすすめです。
ただ年会費無料クレジットカードは、たくさんの数が発行されています。
どのクレジットカードでETCカードを発行したら良いのか?と、迷ってしまうのではないでしょうか。

ETCカードを発行したいクレジットカードの条件

・年会費無料
クレジットカードにかける年会費を、節約することができます。
年会費無料クレジットカードは、永年年会費無料、初年度年会費無料、条件付年会費無料などがあります。
一番おすすめなのは、年会費無料クレジットカードです。
どんな使い方をしても年会費ががからないのでお得です。
ただ条件を満たせるのであれば、条件付年会費無料でも良いでしょう。
初年度年会費無料は入会翌年度からは年会費有料となってしまいますので、ETCカードの発行にはあまりおすすめはしません。

・ETCカードも年会費無料
ETCカードには年会費かかるものとかからないものがあります。
年会費は500円程度とそれほど高くはないのですが、2年間になれば1,000円、5年になれば2,500円…と必要になってしまいます。
年会費無料のETCカードの方がお得です。
ETCカードもクレジットカードと同様、永年年会費無料や初年度年会費無料、条件付年会費無料などがあります。
発行をするなら永年年会費無料か、条件付年会費無料が良いでしょう。

・ETCカードの発行手数料無料
ETCカードを新規発行するさいに、発行手数料が必要になってしまうことがあります。
金額は1,000円程度のことが多いですが、500円程度のETCカードもあります。
発行手数料が有料のETCカードは意外と多いですので、注意をしなければなりません(更新時に手数料が必要になるETCカードもあるようです)。

・ポイント還元率が高い
ポイント還元率が高いクレジットカードであれば、ETCカードの利用でもポイントをためやすくなります。
なるべくポイント還元率が高いクレジットカードが良いでしょう。

・付加価値がある
旅行保険やショッピング保険が付帯しているなど、付加価値があるクレジットカードでETCカードを発行するのがおすすめです。
年会費無料のクレジットカードはショッピングができるだけで、サービスの付帯はないという時代は終わりました。
現在は年会費無料でも、機能が充実しているクレジットカードは多々あります。
こういったクレジットカードで、ETCカードを発行するのがおすすめです。

■ETCを発行したいクレジットカード・オリコカード

Orico Card THE POINTは、年会費無料でポイント還元率.1.0%のクレジットカードです。
ETCカードの年会費や発行手数料も無料なのでおすすめです。

・ポイントサービス
100円に1オリコポイントの付与となります。
1ポイントは1円相当になるので、ポイント還元率は1.0%。
500ポイントたまるとAmazonギフト券やTポイントなど、さまざまなアイテムと交換することができます。
ETCカードの利用分も100円に1ポイント付与となり、使えば使うほどポイントをためられます。

・入会後6ヶ月間はポイント2倍
Orico Card THE POINTは還元率1.0%でもポイントをためやすいのですが、入会度6ヶ月間はポイント2倍付与となります。
ETCカードの利用分も、ポイント2倍なので還元率は2.0%。
入会してからすぐにポイントがたまりやすく、お得を感じられるクレジットカードです。

・オリコモールでポイントがたまりやすい
オリコモールはネットショッピングをすると、得になるショッピングモールです。
オリコカードで決済をすると、クレジットカードポイントとは別にボーナスポイントが加算されます。
そしてOrico Card THE POINTでは、さらに0.5%の加算があるのが特徴。
通常のボーナスポイントが0.5%のAmazonは、Orico Card THE POINTなら+0.5%となり1.0%のボーナスポイントを獲得することができます。

・新規入会ポイントがスゴイ
クレジットカードは新規入会特典も魅力ですが、Orico Card THE POINTは条件を満たすことで最大18,000円分のポイントプレゼントがあります。
10,000円以上分のポイントをもらえるのは大きな魅力でしょう。

・電子マネーを使える
Orico Card THE POINTはiDとQUICPayが搭載されています。
通常のクレジットカードでのショッピングやETCカードの利用分だけでなく、少額の支払いでもしっかりポイントを貯められるでしょう。
電子マネーならクレジットカードのようにサインは不要なので、使いやすくもあります。

・デザインが良い
クレジットカードはデザインがイマイチ…ということがありますが、Orico Card THE POINTはブラックのシンプルな券面です。
ブラックカードのような券面で、使う場所と選ばないのがメリットです。
男女問わず持ちやすいデザインなので、どのような人にもおすすめでしょう。

■ETCを発行したいクレジットカード・エポスカード

エポスカードは年会費永年無料のクレジットカード。
マルイに行かなければ発行する意味はないと思われがちですが、実はさまざまな場面で役立つクレジットカードです。
ETCカードの発行にもおすすめです。

・ポイントサービス
200円で1ポイントが付与されます
1ポイントは約1円相当なので、ポイント還元率は0.5%です。
ETCカードの利用分も、200円で1ポイント付与となります。
たまったポイントは各種商品券などに交換できるほか、マルイでは現金の代わりに支払いに使うことも可能です。

・優待サービス
マルイでは年に4回、10%オフになる優待期間があります。
エポスカードの会員向け優待となりますので、マルイに行くなら発行しておきたいクレジットカードでしょう。
また全国7,000の店舗で、優待があるのも特徴です。
飲食店では割引やドリンクのサービス、カラオケボックスではルーム料金のオフやポイント5倍といった優待を受けることができます。
このサービスのために、エポスカードを発行するというケースも少なくはありません。
マルイに行かなくても、お得になると言えるでしょう。

・発行期間
エポスカードは最短即日発行が可能な数少ないクレジットカードです。
マルイなどにあるエポスカードセンターで受け取りをすると、即日発行が可能です。
まだ即日発行できる店舗数は多くないのですが、とにかく急ぎでクレジットカードが欲しいときには助かるでしょう。
郵送での発行の場合は、申込みから約1週間で発行となるようです。
エポスカードはETCカードもありますが、残念ですがETCカードの即日発行には対応していません。
エポスカードのETCカードの場合は、すべて郵送での受取となってしまいます。
ETCカードも即日発行ができるようになると、さらに便利になりますね。

・海外旅行保険
エポスカードには最高500万円の海外旅行保険が付帯します。
補償金額が低い感じはありますが、永年年会費無料で自動付帯という素晴らしさなので我慢しましょう。
また海外旅行保険は死亡や後遺障害保険料より、疾病治療や傷害治療費を請求するケースの方が確実に多いです。
エポスカードでは疾病治療最高270万円、傷害治療最高200万円の補償があります。
しっかり通院や入院時の補償がありますので、安心できるクレジットカードではあるでしょう。
ETCカードの発行にもおすすめではありますが、海外渡航時に持っていたいクレジットカードでもあります。

■ETCを発行したいクレジットカード・セゾンカード

会員数2,800万人を誇るクレディセゾンの中で、スタンダードクレジットカードとなるのがセゾンカード・インターナショナルです。
年会費は永年無料で、ETCカードの年会費や発行手数料も無料です。

・ポイントサービス
1,000円の利用ごとに1ポイント付与となります。
1ポイントは約5円相当となり、還元率は0.5%となります。
ETCカードの利用分も、0.5%の還元率となります。
還元率としては、一般的なクレジットカードという感じでしょう。

・ポイント有効期限
セゾンカード・インターナショナルでだまる永久不滅ポイントの大きな特徴となるのが、ポイント有効期限がないということです。
クレジットカードの有効期限は2年間となることが多く、長くても5年間くらいでしょう。
セゾンカード・インターナショナルなら、有効期限を気にせずにポイントを貯めることができます。
ETCカードで獲得したポイントも、失効することはありません。

・発行期間
数少ない即日発行可能なクレジットカードのひとつとなるのが、セゾンカード・インターナショナルです。
店舗にあるセゾンカウンターで受け取りをすると、即日発行が可能となります。
またクレジットカードだけでなくETCカードも即日発行に対応しているのが嬉しいところでしょう。
セゾンカウンターで申込み・受取をすると、ETCカードの発行が可能です。
実は即日発行が可能なETCカードは、セゾンカード・インターナショナルを発行しているクレディセゾンのみ。
ETCカードは人に借りるということはできません。
利用分はクレジットカードからの請求となり、クレジットカードを貸し借りしたと同じことになってしまうためです。
ETCカードが急に必要になってしまった!というときでも誰かに借りることはできませんので、即日発行ができるといいうのはありがたいです。

・スーパーでの特典
毎月5日と20日に西友、リヴィン、サニーでセゾンカード・インターナショナルを使うと、請求時に5%オフとなる特典があります。
食料品でも衣料品でも日用品でも5%オフとなるので、あるとお得なクレジットカードです。
また登録していればイトーヨーカドーとセブンイレブンでの利用時に、nanacoポイントをためることもできます。
クレジットカードポイントの他にnanacoポイントもためられるということなのです。
セゾン系以外のスーパーでも、お得に使えるクレジットカードと言えるでしょう。

■ETCを発行したいクレジットカード・イオンカード

イオングループでお得になるクレジットカードとして、人気なのがイオンカードセレクトです。
イオンカードセレクトをはじめ、イオンカードはすべて年会費無料。
そしてETCカードの年会費も発行手数料も無料。
ETCカードの発行にはおすすめです。

・ポイントサービス
基本的に200円に1ポイント付与となります。
1ポイントは1円相当となりますので、ポイント還元率は0.5%です。
ETCカードの利用分も、還元率は0.5%。
ただイオングループ店舗での利用時は、常にポイント2倍となります。
還元率1.0%になりますので、イオングループで使えばポイントがたまりやすいクレジットカードです。

・イオン銀行での特典
イオンカードセレクト会員になると、イオン銀行の普通預金金利が優遇されるサービスがあります。
現在は0.12%の金利となっており、その辺の定期預金よりも高い金利を誇っています。
またWAONのオートチャージで、ポイントを獲得することも可能。
WAONチャージがポイント対象となるクレジットカードを使いたいなら、イオンカードセレクト一択になると言っても良いでしょう。

・イオンでの優待
イオングループ店舗では毎月20日と30日は、お会計が5%オフとなります。
また毎月ワンデーパスポートはバースデーパスポートといった、クーポン券が配布されるのも特徴です。
イオンで利用をすると5%~10%オフとなり、毎月の節約にも一役買うのではないでしょうか。
イオン店舗で使うなら、お得度が高いクレジットカードです。

・ETCカードの特典
イオンカードのETCカードには、ETCゲート車両損傷お見舞金制度付帯があります。
ETCゲートに接触してしまい、車にキズがついてしまった、車が壊れてしまった…。
そのようなときに1年に1度まで、一律5万円のお見舞金が支払われるサービスです。
年会費無料や発行手数料無料というだけでなく、付加価値があるETCカードと言えるでしょう。
こういったサービス付帯するETCカードは少なく、イオンカードくらいではないかと思われます。
万が一のときに、イオンカードでETCカードを発行しておいて良かった!と言えるかもしれません。

またイオンカードセレクトなどイオンカードをすでに持っていれば、ETCカードは申込みから最短翌営業日で発行となります。
最短なら月曜に申込みをしたら翌日の火曜には発送という速さが可能なので、ETCカードが早く必要というときにおすすめです。