26e54af4e3bb8fe39b21cb3600c95361_m

三井住友ETCカードの特徴を知ろう!

■三井住友カードのETCカード

有料道路を走行する場合は、etcカードが必要になります。
料金所で支払いをすることもできますが、料金割引を受けることができません。
それにいちいち料金所で停車して、現金やクレジットカードで支払って…というのは時間もかかりますし面倒です。
ノンストップで走行できる、etcカードがあった方が良いでしょう。

etcカードはクレジットカードに付帯させて発行するものです。
手持ちのクレジットカードで追加発行することができますし、新規申込をしたクレジットカードと同時申込をすることもできます。

etcカードを発行するにあたり、人気なのが三井住友カードです。
三井住友カードは、日本では定番のクレジットカード。
安心感、安定感が高く、どこで出しても恥ずかしくがありません。
そんなクレジットカードなので、etcカードも安心して使える…と言われています。
クレジットカードのラインナップも豊富で、初めて発行する人からグレードの高いクレジットカードを狙う人まで幅広い層が満足できるでしょう。

etcカードを発行するなら、三井住友カードはおすすめです。
申込後最短3営業日で発行が可能とスピーディで、急ぎでクレジットカードが欲しい方にも向いているでしょう。

三井住友カードのetcカードは、安心して使えるのがメリットです。
会員保証制度があり、万が一紛失をしてしまったり、盗難に遭ってしまっても安心。
etcカードを不正使用されてしまっても、被害額を三井住友カードが負担をしてくれます。
届出から60日間にさかのぼっての保証となりますので、身に覚えのない利用履歴があったらすぐに三井住友カードに連絡を入れましょう。

etcカードは盗難に遭うことが意外と多いようです。
それは車内に置きっぱなしにしてしまう人が多いためです。
車載器に刺しっぱなしにしたり、車内に置きっぱなしにして、車を離れてしまうのです。
いちいち抜き差しをするのは面倒くさいとか、どうせ車で使うものだから車内に置いたままにしているということのようです。
しかしこれは危険な行為なので、絶対にやめるようにしましょう。

車内に置きっぱなしにする行為は、盗んでくださいと言っているようなものです。
会員の落ち度による不正使用として、三井住友カードのetcカード不正使用時の保障の対象外となってしまいます。
せかっく安心感の高いetcカードでも、使い方によっては保証制度があっても意味がないとなりますので注意をしてください。

■三井住友カードのetcカードが使えない?!

etcレーンで、etcカードが使えない!というときがあります。
etcレーンが渋滞してしまい、後続車に迷惑をかけてしまいます。
自分も焦ってしまいますよね。

etcカードが使えない理由で多いのが、有効期限切れです。
クレジットカードやetcカードには、有効期限がありますので注意をしましょう。
期限が切れてしまったら、使うことができなくなってしまいます。

三井住友カードでは、基本的に有効期限は自動的に更新されています。
延滞などの問題があれば別ですが、期限が近くなったら自動的に新しいクレジットカードやetcカードが発送されます。
三井住友カードの更新時は、クレジットカードが発送されてからetcカードが発行されるようです。
だいたいクレジットカードが発送されてから、2週間程度でetcカードが発行されるとのことです。
万が一クレジットカードやetcカードが届いていない場合は、三井住友カードのデスクに連絡を入れてください。
手違いで発送されていない、不在で受け取りができなく三井住友カードに返送されている可能性などが考えられます。
三井住友カードに調査をしてもらってください。
三井住友カードのデスクは、9時から17時まで年中無休で受け付けをしています(年末年始除く)。

etcカードの発行におすすめの三井住友カードはどれなのでしょうか。

定番のクレジットカードが欲しいなら、三井住友VISAクラシックカードがおすすめです。
ショッピング保険や写真入りICカードを選べるなど、安心感の高い三井住友カードとなっています。
クラシックカードには海外旅行保険、クラシックカードAには海外旅行保険にくわえ国内旅行保険も付帯します。

女性がetcカードを発行するなら、三井住友VISAアミティエカードがおすすめです。
三井住友カードの女性向けクレジットカードで、ピンクで上品な券面が特徴です。
携帯やPHSの利用分がポイント2倍になるなど、お得度が高い三井住友カードです。

初めてクレジットカードを発行するというヤング世代には、三井住友VISAデビュープラスカードでetcカードを発行するのがおすすめです。
18歳~25歳までを対象としており入会後3か月はポイント5倍、以降もずっとポイント2倍とポイントを貯めやすい三井住友カードです。
26歳になると自動的にプライムゴールドカードへと切り替えられるので、将来的にステータスカードを狙いたい若い世代にもおすすめです。

以上のような三井住友カードで、etcカードを発行するのが良いでしょう。

■三井住友ETCカードの補償制度が心強い

三井住友カードは日本で最も発行枚数が多いクレジットカードとして有名です。実際に利用している、というかたも多いのではありませんか。そこで今回注目したのが、三井住友ETCカードです。三井住友カードの追加カードなのですが、非常に大きな特徴がいくつもあるんです。

最初にお話するのは三井住友ETCカードの補償制度です。実際にどのような特徴を持っているのでしょうか。確認してみましょう。

三井住友ETCカードですが、すばらしい会員保証サービスを行っています。安心してETCカードを利用できる、といった特徴があるわけです。

その会員補償サービスの中身ですが、仮に盗難や紛失によって不正利用されてしまった場合には、60日前に遡りそれ以降であれば全額補償してくれるんです。ETCカードを無断で利用されてしまったようなことがあったとしてもこれで安心ですよね。

ただし、補償制度に関してはいくつかの条件が設定されているので注意しましょう。ETCカードに関しては、車載器に差し込んでままにしないでください。必ず携帯しなければなりません。仮に車載器に差し込んだままにしていると会員補償制度の適用外になってしまうんです。一切保証されず、損失はすべて自分で対応しなければなりません。

■三井住友ETCカードなら時間帯割引が受けられる!

ETCカードを利用する目的としてあげられるのが、割引が受けられる、というものです。高速道路の料金などが、ケースバイケースによって受けられるんですよね。しかも、その割引率が40%や50%になることも!それだけお得に高速道路を利用できる可能性がある、ということで、実際に多くの方が利用を考えているわけです。

こちらでは三井住友ETCカードと時間帯割引についてお話しますね。

まず知っておいてほしいのが、三井住友ETCカードでも時間帯割引が受けられる、ということです。割引対象となっているので安心なんですよ。走行時間帯によって各種割引が受けられる、といったメリットがあるので、今まで伊集鬼高速道路をお得に走行できるわけです。

割引に関しては、各道路によって違いがあるので事前に確認しておきましょう。ちなみにETC限定企画割引、と言うものも定期的行われています。特定の地域でETC限定企画割引を利用すると、お得に通行できてしまうんです。中には50%割引設定になっているものもあるので、少しでも安い旅行をしたい、という方にはおすすめなんですよ。
また、定額料金で乗り放題、といったところもあるんです。定額料金で利用したい、という方も積極的にETC限定企画割引カードを利用していきましょう。

■三井住友ETCカードと専用カードタイプ

ETCカードはいくつかのタイプに分かれています。例えば、クレジットカードとは別のETC専用門もあります。一方で、クレジットカードと一体型になっているタイプもあるんです。どちらを利用したいか、ということは申し込み前にしっかりと決めることが肝心ですよ。

今回は、三井住友ETCカードの専用カードタイプについて詳しくお話します。

専用カードタイプに関しては、ETCシステムに対応している国内の有料道路で利用できる通行料金の支払いができる専用カードとなっています。三井住友カードの追加カードとして発行してもらえる、といった特徴を持っているわけです。

三井住友カードと言えば、VISAカードを連想している方が多いと思いますが、何もVISAカードをしか用意してないわけではありません。MasterCardにも対応しているんです。どちらか好きなタイプを選択した上で、追加カードとしてETCシステムに専用カードを発行してもらってください。

ETC専用カードに関しては年会費もかかってくるのでその点は把握した上で申し込みを実施してください。ただし、無料での対応も実施してくれています。条件があるので、ETC専用カードを利用しようと思っている方は、その条件も把握した上で申し込むかを決めるべきです。

■三井住友ETCカードならマイレージサービスも利用可能!

ETCカードを利用するとなると、気になってしまうのがマイレージサービスです。オトクなマイレージサービスを利用するために、ETCカードを利用したい、と思っている方も多いのではありませんか。

こちらでは、三井住友ETCカードのマイレージサービスの中身に迫ります。

まず三井住友ETCカードであれば、マイレージサービスが利用できる、ということは知っておいてほしいところ。お得なETCカード利用ができるわけです。さらにもう一つ注目してほしいのが、事前に登録しておく必要がある、ということです。カードを取得したら自動的にマイレージが利用できるわけではありません。事前「ETCマイレージサービス」に登録しておく必要があるわけです。

登録をした上で、ETCマイレージサービスカードを利用したら、支払額に応じてポイントが溜まっていく、といったシステムになっています。貯まったポイントですが、無料通行分として利用ができるんです。ポイントの獲得に関しては、道路事業者によって異なってくるので、その点は理解した上で利用するかを決めましょう。
詳しいマイレージ情報に関してはETCマイレージサービスのホームページにてチェックできます。そちらをチェックすることで、より良い情報がしっかりと獲得できるはずですよ。利用イメージも出来ます。

■三井住友ETCカードとVISA一体型ETCカード

三井住友カードを有効活用したいのであれば、やはりETCカードも利用しておきたいところ。そのETCカードですが、二つのタイプに分かれています。カードとは別個のETC専用カードと、クレジット顔度と一体になっている、一体型ETCカードです。
どちらのほうが良いのか、ということは考え方によっても異なってくるはずです。

今回は、三井住友ETCカードとしてのVISA一体型ETCカードについてお話させてもらいますね。一体型カードにはどんな特徴があるのでしょう。

まず、メリットとしてあげられるのは一体型だと2枚の機能が1枚に集約されている、といったお得感があります。そもそも、2枚のカードを管理するよりも、1枚のカードを管理したほうがお得ですよね。ETCカードも普段は車載器に入れておくのではなく別個で管理しなければなりません。サイフがカードでパンパンになってしまう、といった事も十分に考えられるわけです。

一方で、注意しておきたいのがVISA一体型ETCカードはすでに新規の申し込みを終了している、という部分です。2012年の4月2日に終了しているので、これから利用を申し込む、ということは出来ません。もちろん、すでにVISA一体型ETCカードを利用している方は、継続して利用し続けられます。

■三井住友ETCカードは法人タイプもある!

ETCカードというと個人が利用するカードについてくる、といったイメージが強いのではありませんか。一方で、三井住友カードですが、法人カードも出していますよね。実は、その法人カードにも三井住友ETCカードをつけられるんです。

法人カードにETCカードを追加してもらうと、様々なメリットがあります。会社に営業車がある、という場合には、ぜひつけておきたいところです。

営業車は一台だけではなく、二台や三台ある、という所も多いのではありませんか。追加カードとしてETCカードを発行できるので、枚数分のETCカードをカードをゲットする、ということも可能です。法人カードを沢山発行している会社であれば、ETCカードも沢山発行できるわけです。

車で全国を飛び回って営業をしている、というかたも多いのではありませんか。そういった方は積極的にETCカードを有効活用していきましょう。

ただし、一般のクレジットカードに付いているETCカードと法人用のETCカードカードには違いがあることも事実です。

例えば年会費に関しては、ビジネスカードとマーチャントメンバーズクラブカードの場合は、初年度無料で2年目以降は500円+消費税の設定となっています。一方で、コーポレートカードの場合は年会費がかかりません。