おすすめクレジットカードの年会費を比較

■アメックスのetcカードの年会費

ステータスの高いクレジットカードとして知られているのが、アメックスです。
富裕層向けのクレジットカードとなっており、ステータスが高いのが特徴です。
一般クラスとなるグリーンカードでも、ゴールドカード並の価値があります。
ゴールドカードはプラチナカードとなり、取得も難しいです。

アメックスは年会費も高く、グリーンカードで税別12,000円となります。
クラシックカードとしては、高額な年会費です。
etcカードも、年会費が高いのでは?と感じてしまうのではないでしょうか。
あまり高額になってしまうと、発行するのが大変になってしまいます。

アメックスのetcカードは、初年度年会費無料で、翌年度より税別500円となります。
etcカードとしては、妥当な年会費です。
年会費有料のetcカードと比べても、高いとは言えないでしょう。
アメックスだからといって、年会費が高額なetcカードではないのです。

さらにアメックスは年に1度でもetcカードの利用があれば、翌年度は年会費無料になります。
年に1回有料道路を走行すれば、実質年会費無料で使うことができるのです。
ステータスの高いアメックスのetcカードを、年会費無料で使えるなんてびっくりしてしまいますね。
しかし、アメックスは審査が厳しいクレジットカードです。
取得が可能なのは、ある程度の収入がある正社員や公務員です。
現在はフリーターなど非正規社員が発行可能なクレジットカードも多いですが、アメックスでは難しいでしょう。

審査が厳しいアメックスなので、etcカードの審査も厳しいのではないか?と思う人が多いです。
取得が大変だと、他のクレジットカードでもいいやと思ってしまいます。

アメックスは審査が厳しいetcカードに含まれるようです。
ただこれは、まだアメックスを取得していないケースです。
クレジットカードと一緒にetcカードを申込をすると、クレジットカードの審査に落ちるとetcカードも審査落ちとなります。
そのためアメックスは審査が厳しい…となってしまうわけです。

すでにアメックス会員となっている場合は、etcカードはそれほそ審査は厳しくありません。
延滞や滞納などを起こしておらずクレジットカードの使い方に問題がなければ、etcカードの審査にはカンタンに通過できる可能性が高いです。

なので審査が厳しいのは、etcカードではなくアメックスのクレジットカード自体となります。
アメックスのetcカードだからといって、それほど審査は厳しくないのです。

■楽天ETCカードは年会費有料

楽天カードは年会費無料のクレジットカードです。
そのためETCカードも、年会費無料と思っているケースが多いようです。
しかし楽天カードのETCカードは、年会費有料となってしまいます。
年間500円(税別)が必要となりますので、注意をしましょう。
実際年会費無料だと思っていたら、知らないうちに年会費が引き落とされていた!なんてこともあるようです。

ETCカードが年会費有料というのは、楽天カードのでメリットであると言えるでしょう。
現在は年会費無料で発行できるETCカードが増えています。
JCBカード、イオンカード、セゾンカード、ジャックスカードなど、大手のクレジットカード会社でもETCカードは年会費無料で使うことができます。
それほど高速道路を走行しないというなら、年会費有料だと使う気がしないかもしれません。
楽天カードのETCカードも、年会費無料だと最強なのに…というところでしょう。

ただ楽天カードのETCカードは、発行手数料は無料となります。
年会費無料でも発行手数料が500円~1,000円程度必要になってしまう、ETCカードは少なくありません。
発行時にだけ支払えば良いものではありますが、無料にこしたことはありません。

楽天カードのETCカードは、年会費500円(税別)が必要になります。
年会費無料じゃないなら、発行したくない…と考える人も多いでしょう。

しかし楽天カードのETCカードは、年会費を無料にする方法があります。
楽天カードのETCカードは、楽天会員ランクがダイヤモンド、プラチナになると年会費が無料になります。
楽天会員ランクは、獲得ポイントが多くなると上がって行きます。
楽天市場などの楽天サービスをよく使っている、楽天カードを使っているという人なら、ダイヤモンド会員になるのは難しいことではないと思われます。
なので楽天カードのETCカードを年会費無料にするのは、それほど難しくはないでしょう。

そして楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード会員になると、ETCカードの年会費が無料となります。
楽天カードのランクを上げることで、ETCカードを無料にすることができるのです。
楽天プレミアムカードは10,000円(税別)、楽天ブラックカードは30,000円(税別)の年会費となりますので、この中にETCカードの年会費が含まれていると考えて良いでしょう。
ゴールドカード以上のクレジットカードを持ちたいと考えている人にとっては、おすすめのクレジットカードです。

■イオンetcカード発行におすすめなのは

イオンカードのetcカードをつかうと、ときめきポイントをためることができます。
200円ごとに1ポイントの付与となり、ポイント還元率は0.5%です。
還元率はそれほど高くはありませんが、しっかりポイントを貯めることはできます。

また毎月10日はときめきWポイントデーでは、ポイントが2倍となります。
etcカードの利用分も、ポイントを2倍獲得できます。
高速道路の走行が10日にあたると、ポイントをよりためることができラッキーですね。

etcカードを発行するなら、おすすめのイオンカードはイオンカードセレクトです。
イオンカード、イオン銀行キャッシュカード、WAONの機能を一つにしてしまったイオンカードで、現在一番人気があります。
イオンカードでも、イオンカードセレクトを推している感じですね。

イオンカードセレクトはイオン店舗ではいつでもポイント2倍になるだけでなく、WAONへのチャージでもWAONポイントを獲得することができます。
これは他のイオンカードにはない特典です。

クレジットカードだけでなく、WAONも使っている人にとっては最強のイオンカードでしょう。
ポイントを最もためやすいイオンカードと言えるのでおすすめです。
イオンカードのetcカードは、イオンカードに追加発行する形になります。
クレジットカードとetcカードをそれぞれ持つことになります。
ただ2枚持ちするのは面倒くさい、クレジットカードとetcカードが一体になっていれば良いのに!という人もいます。

実はイオンカードには、etcカードと一体型になったものがあります。
その名もイオンetcカードカード。
イオンカードの機能プラスetcカードの機能を、1枚で使うことができるので便利です。
イオン店舗ではいつでもポイント2倍になりますし、毎月20日、30日のお客さま感謝デーではお会計が5%になります。

イオンカードやetcカードの追加発行は、オンラインで行うことができます。
しかしイオンetcカードは、オンラインでは申込ができません。
取得をしたいときは、イオンカードのサイトからまず資料請求をしましょう。
資料に従って、申込みをしてください。
オンラインだと24時間いつでも申込ができるので便利なのですが、この点はちょっと不便と言えるかもしれませんね。
ただ資料請求は無料でできますので、etcカード一体型のイオンカードが気になる場合はとりあえず資料だけでも取り寄せてみると良いでしょう。

■三井住友カードetcカードの年会費

etcカードは発行手数料や年会費が必要になることがあります。
これは追加発行したクレジットカードとは別になります。
年会費無料クレジットカードで発行したetcカードでも、年会費が必要になることもあるのです。
必ずetcカードの発行手数料や年会費の有無は、確認しておきましょう。

三井住友カードのetcカードは、発行手数料は無料です。
しかし年会費は、2年目より有料となります。
入会初年度は無料なのですが、2年目より500円+税の年会費が必要となってしまうのです。
年会費無料のetcカードもありますし、それなら三井住友カードで発行しなくても良いか…となる人もいるでしょう。

ただ三井住友カードのetcカードは、年会費を無料にする方法があります。
年に1度でもetcカードを使えば、翌年度の年会費が無料になるのです。
ドライバーであれば、年に1度有料道路を走行する可能性は高いでしょう。
年会費無料にする条件が厳しいのは困ってしまいますが、カンタンに実質年会費無料にできるので年会費の負担をせずに持てるetcカードです。
年に1度etcカードを利用するかわからない…という人でなければ、三井住友カードのetcカードはおすすめです。

三井住友カードのetcカードの発行は、インターネットが便利です。

すでに三井住友カードを持っている場合は、会員専用サイトでetcカードの申込ができます。
会員専用サイトのVpassにログインをして、必要事項を入力しましょう。
これだけでetcカードの申込は完了です。

まだ三井住友カードを持っていないばあいは、まずクレジットカードに申込みをしなければなりません。
好きな三井住友カードを選びましょう。
三井住友カードはいくつか種類があるので迷ってしまうかもしれませんが、女性向け、ヤング向け、一般向けとありますので自分い合うクレジットカードは見つけやすいのではないでしょうか。

三井住友カードの申込画面には、etcカードを同時に作るというところがあるはずです。
そこにチェックを入れて、申込みを行いましょう。

新規申込の場合、etcカードとクレジットカードは別々に郵送されてきます。
どちらか一方では利用できませんので、2枚揃ったらetcカードの利用を開始してください。

三井住友カードのetcカードの申込は、それほど難しいことはありません。
etcカードの申込後は、約2週間程度で自宅に届くようです。
受取ができるようにしておいてください。

■JCBのETCカード

日本で最も有名なクレジットカードはjcbでしょう。
jcbは日本で生まれたクレジットカードブランドです。
国際ブランドの一つともなっており、世界的にも認められています。

etcカードを発行するなら、jcbカードはおすすめです。
jcbカードにはさまざまなメリットがあるためです。

jcbカードは、ポイント還元率があまり良くないというイメージがあります。
昔からあるクレジットカードは、ポイント還元率が0.5%となるのが一般的です。
現在は年会費無料クレジットカードでも1.0%ほどの還元率となることが多く、ポイントがたまりやすいとは言えないでしょう。
そのためetcカードは、もっとポイントがたまりやすいクレジットカードで発行した方が良いという意見もあります。

しかしjcbカードには、オリジナルシリーズというクレジットカードがあります。
特定の加盟店で利用をすると、ポイント倍率がアップします。
スターバックス、amazon、セブンイレブンなど頻繁に利用しそうなところでポイントアップとなりますので、使い方によってはポイントを貯めやすいクレジットカードと言えるでしょう。
さらにetcカードを発行して使えば、よりポイントを貯められてお得です。

jcbカードのetcカードは、お得なのでおすすめです。
お得な理由は、発行手数料が無料なためです。
etcカードを発行するさい、500円や1,000円といった手数料が発生することがあります。
発行するさいのコストを、会員に負担してもらおうということですね。
しかしjcbカードのetcカードは、発行手数料が無料です。
jcbカードなら、ゼロ円でetcカードを持つことができるのです。

そしてjcbカードのetcカードは、年会費が無料です。
初年度年会費無料や条件付年会費無料というetcカードは多いですが、jcbカードの場合は永年年会費無料です。
どんな使い方をしても、何年持っていても、年会費を支払う必要はありません。
たまにしかetcカードをつかわない人、これからetcカードを使うかもしれないという人にもおすすめです。

etcカードはクレジットカードの年会費とは別となります。
jcbカードの場合は年会費が有料のクレジットカードで発行をしても、etcカードの年会費は無料です。
年会費有料クレジットカードだとetcカードも有料、年会費無料クレジットカードならetcカードも無料と勘違いしているケースが多いようなので気を付けましょう。